気が付かないうちに進む排水管の水漏れ

水のトラブルとして考えた場合、排水管は見えないところにあるのが大きな問題になってきます。水漏れを起こしていても、自然に落下させながら流していくことになるため、漏れる量も少なく、気が付かないことも良く出てくるのが問題です。ところが、見えないところでも配管は自然と劣化をしていってしまいます。物質としての運命に逆らうことはできないのですから当然ですが、メンテナンスフリーではないことを理解しておかなければいけないところです。

■どんどんと進む経年劣化

排水管の水漏れの怖い原因にあげられるものの一つに、経年劣化にあることは間違いありません。いつまでも大丈夫と思ってしまいがちですが、配管も一生機能を保てるわけではありません。10年もたってくると、自然に劣化して水漏れしてしまう可能性が高まります。見えないところで劣化が進むため、どうなっているかわからないところも問題でしょう。
給水管であれば、錆が出るといった変化を感じることができますが、配管では下水に流れていくだけになるため、見た目の判別がつかないところも大きな要因です。シンクの下をのぞいてみても、透明の管が使われているわけでもないため、内部の状況がわからないことで劣化を見逃すということも起きます。

■2次被害が大きなトラブルになることも

水のトラブルとして考えてみると、水漏れが引き底してしまう被害は、異臭があげられるでしょう。これで気が付くことが多くなりますが、使った水が漏れてくるだけではなく、下水からの悪臭が一緒に出てくることがあります。逆流したりしているのは、詰まっている証拠です。
これが床に流れてくることを想像すると、大変な被害であることがわかるはずです。マンションなどでは、下の階に流れていくかもしれません。それも知らず知らず流れていけば、大きな被害が報告されてから対応することになってしまいます。2次被害といったところも排水管の水漏れでは大きなトラブルとなってくるでしょう。

■まとめ
排水管のトラブルは、すぐに発見できないため、プロによる点検が必要になってきます。10年以上使っているのであれば、一度プロの配管の点検をしてみる必要があるでしょう。点検もいろいろな方法があり、見えないような位置にある配管もチェックできるようになっています。被害を出してからでは間に合わないこともたくさん出てくるのですから、安全な範囲に収まっているうちに、対応策を売っていくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ